2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最期のとき 

私が時々拝見しているGAZUさんという方のブログ「長女キヨコ たぶん4歳」の主人公、MIX犬の女の子キヨコちゃんが、26日の深夜 その短い生涯を閉じました
キヨコちゃんを我が子のように大切にしていたお父さん・お母さんと3人川の字になって眠りながら、最期を看取られ天に召されて行ったそうです

20091029223228


本当に幸せな最期です


私は、セリにはそんな最期を迎えさせてはあげられませんでした


セリが寝たきりになってから私はリビングのソファで休みながら、夜中もオムツ交換や水分補給のために何度も起きて世話をしていました
セリが眠っている間は私も休めます
そんな時間でも耳はセリの息遣いを聞いていて、少しでも呼吸が粗くなると様子を見るために飛び起きていました
夜勤で家を空ける時はセリパパが、昼間は娘が介護当番です
”あの日”の前夜も私は夜勤でした


翌朝珍しくセリパパから電話が入り「セリの様子が変だから、なるべく早く帰ってやって欲しい」と言うのです
娘は夏休み中遊びにも行けなかったからと、友達の家に泊まりに行っていました
誰もいない空白の時間、、、


夜勤の仕事は午前10時までですが、いつも時間通りには終わりません
結局11時に仕事を終えて家に戻りました
リビングのセリのベッドに近づき「ただいま、セリちゃん」と声を掛けました
眠っているのかな…?
体を揺り動かしながら名前を呼びます
いつもの温もりは有りませんでした

間に合わなかった…

ふと、傍らで不安げにしているチーズが目に入りました
何を思ったのか私は、、、

娘を迎えに行かなくちゃ…と、チーズを連れて車を走らせました
セリをひとり置き去りにして…
待ち合わせ場所になかなか来ない娘を待って、昼過ぎに家に戻りました
家には午後休を取って帰って来ていたセリパパが、目を赤くしながらセリの身のまわりを整えてあげていました
すぐに娘も、泣きながらセリの毛並みをとかしたり、オムツをはずしてお尻を拭いたりしています

私はというと、、、
ただ立ちすくして、2人がすることを見ているだけでした
なんと情けない、酷い母なんでしょう!
怖かったのです…
セリの死を認めることが


セリがしていたオムツにはわずかにオシッコの跡が有るだけで、あとはキレイなままでした
セリパパは毎朝7時に出勤して行きます
セリはたぶん、その直後に息を引き取ったのではないかと思うのです


我が家の横の坂道を下ってすぐの橋を渡ると、向こう側に市の動物火葬場が在ります
私が車を運転し、セリパパが毛布で包んだセリを抱いて火葬場まで行きました
普段はあまり車が止まっていない駐車場にその日は珍しく何台も止まっていて、受付の人から1時間くらい待って下さいと言われました
セリパパが「煙草を吸いに行くから」と車を降りてしまったので、今度は私がセリを抱いていることになりました
セリの体は生きている時と同じ感触で、そっと毛布をめくると、ただ眠っているだけのような顔がありました
私は先っぽが垂れたシェルティ特有の耳が大好きで、いつも「お耳ピョン!」と言いながら触っていたんです
もう二度と、この可愛いお耳に触ることは出来ないんだな
「これが最後だね、、、セリちゃん」とお耳ピョン!
そうしたら、さっき、こんなにも愛しいセリを置き去りにして逃げ出してしまった自分が本当に大バカだったと、後悔の気持ちでいっぱいになりました
一生懸命頑張って力尽きたセリを精一杯いたわって、最期のときをちゃんと一緒に過ごせば良かった…と


冒頭で書いたキヨコちゃんのお母さんは、本当に立派な方です
気丈にキヨコちゃんの最期と向き合われていました
キヨコちゃんは、そんなお母さんやお父さんに愛され、最期を看取って貰えて幸せでしたね


セリ、あなたはダメなお母さんの傍で少しは幸せを感じることが出来たでしょうか
セリは賢い子だから、お母さんが取り乱してしまうのを知っていて、ひとりでそっと旅立って行ったのかな。。。

20091029223230


またいつか会える日が来たら、こんなバカなお母さんを許してくれますか?





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/28 23:27 ] わんこ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://serimama2.blog42.fc2.com/tb.php/45-78695d48












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。