2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴェリーに捧ぐ 




「最後だとわかっていたなら」
"If I Knew It Would Be the Last Time"

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう

そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


              Facebook「子どもたちに伝えていきたいもの」さんより…




3月14日、お腹の中に巣食っていたガンから出血して急性貧血になったヴェリーを病院に連れて行きました。

「今夜が峠です」と言われましたが、何もしないより8歳になったばかりのヴェリーの生命力に賭けて輸血を受けさせることにしました。

だって・・昨日までは元気にご飯を食べて、家の中を走り回っていたのだから。

そんなに簡単に死んでしまうはずはない・・そう思ったから。

その日の夜7時、病院で輸血点滴を受けていたヴェリーを迎えに行ったけど、「あと1時間以上かかるので、終わったら連絡します」と言われて一旦帰ることにしました。

その時のヴェリーは白かった舌の色がピンク色に戻り、私達が迎えに来たのが分かったのかケージの中で嬉しそうにピョンピョン跳ねて元気を取り戻したように見えました・・。

先生が「抱っこしますか?」と言われ、ヴェリーをケージから出してくれました。

私は何だか、抱っこしてしまったらそれが最期になってしまう気がして、主人が抱っこするヴェリーの頭を撫でて「後で迎えに来るからね!」と言って病院を後にしました。

それから30分しか過ぎていないのに、病院からの電話コールが鳴りました。

それが何を意味しているのか、すぐに分かりました。



あの時のヴェリーは最後の力を振り絞って嬉しそうに跳ねていたんですね・・。

何で抱きしめてあげなかったんだろう。

ごめんね、ヴェリー。

虹の橋のたもとで待っていてね。

必ず抱きしめに行くからね。











           今日も来てくださりありがとうございました
           ンックリックよろしくお願いします  

     
           にほんブログ村            FC2 Blog Ranking 



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/23 07:07 ] わんこ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://serimama2.blog42.fc2.com/tb.php/252-09fbd17e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。