2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無菌性脂肪織炎(縫合糸反応性肉芽腫)のこと 

無菌性脂肪織炎(縫合糸反応性肉芽腫)とは、去勢手術、避妊手術の後、腹部にしこりができ、抗生剤を使っても改善せず、やがては破裂をしてしまうという怖い病気です。
手術後すぐに発症することもあれば、メイプルのように数年が経過してから突然発症することもあります。

犬の種類に関係なく発症する病気で、特にミニュチュアダックスフンド・プードル・シーズー・シェルティー・ゴールデンレトリバー・チワワに多く発症事例があるそうです。

この病気は手術時に使用する縫合糸で起こると言われていて、縫合糸に絹糸を使用した場合に多く発症するようですが、ナイロン糸を使用しても発症する事もあるようです。

先天性の体質で体の中で何らかの免疫異常が起こっているとも言われてますが、まだ、原因がはっきりと解明されておらず、発症してしまった場合は外科的に糸を取り除くか、それが困難な場合はステロイド剤や免疫抑制剤を使用して症状を抑えていくということになります。



メイプルはステロイド剤の投与で様子を診ていくことになりました。
お腹に開いた穴は毎日生理食塩水で菌を洗い流して、化膿しないよう抗生剤を塗布しなくてはなりません・・。
この時ばかりは痛いようで、もがいて逃げようとしているのを押さえつけての処置となります。
いつ終わるかも判らない闘病生活が始まってしまいました。

でも、、、めげている場合じゃありませんよね!
メイちゃんが頑張っているんだから、母も気を抜かずに頑張らなくちゃいけないね!!







今日も来てくださりありがとうございました
   クリックよろしくお願いします  

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ    にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ    
   にほんブログ村        にほんブログ村      FC2 Blog Ranking


っと押してね






関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/13 21:01 ] わんこ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://serimama2.blog42.fc2.com/tb.php/214-96fa0260












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。